いわき まち・メディア

いわきのフリーマガジン
まち・メディア
毎月15日発行
12000部発行
A5版 2冊1組
約500ケ所無料配布
■BANNER LINK FREE
まちメディア
Search
まちメディア サイト検索

サイト内  
Google
 
芋頭焼肉あんかけ
普段は和食に使われることが多い里芋を、今回は本格中華でご紹介。また、プロ直伝の豚の角煮もご紹介します。時間はかかりますが、柔らかいのに煮崩れがなく、余分な脂が落ちてとてもヘルシー。こちらも必見です!
豚の角煮はたくさん作って冷凍保存しておくと便利です。冷凍するときは煮汁も一緒に袋に入れましょう。冷凍焼けになりません。
材 料 作り方
 豚バラブロック肉 400g  
 里芋       200g  
 チンゲン菜    2株  
 桂皮(シナモン)  少量  
 八角       1個  
 生姜       1片  
 醤油       適量  
 砂糖       適量  
 酒        適量  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
1 豚肉を5cm角に切り、45分〜1時間ゆでる。
2 豚肉がゆで上がったら全体に醤油をまぶし
 高温の油で揚げて表面を色付けする。
 (※油で揚げておくと煮崩れしない)
3 鍋に豚肉を並べ、隠れる位までたっぷり
 スープを注ぎ、桂皮、八角、生姜(布袋に
 入れる)を入れ、醤油、砂糖、酒を加えて
 弱火で2時間位煮込む。
 スープがなくなり光沢が出たら火を止める。
 (※寒い季節はストーブで煮込めばエコです)
4 里芋の皮をむき、醤油をまぶして油で揚げる。
5 3の肉とスープをボウルなどに移し、揚げて
 おいた里芋を加えてボウルのまま蒸す。
6 里芋が柔らかくなったら醤油、砂糖などで
 味を整え、このスープと水溶き片栗粉で
 あんを作る。
7 ゆでておいたチンゲン菜と豚肉、里芋を
 お皿に盛り付け、あんをかける。
※桂皮はシナモン・ニッキとも呼ばれます。世界最古のスパイスの1つで、樹皮をはがして乾燥させたものです。独特の甘みと香りがあり、料理をはじめ、飲物やケーキなどにも使われ、また古来から、生薬としても利用されています。
※中国料理でよく使われる星形のスパイスで、実を乾燥させたものです。豚肉や鶏肉を使う料理によく使われ、中国の混合香辛料「五香粉」の中心的なスパイスです。生薬としても利用されています。
ページ先頭へ
Copyright (C) 2004 Networks Co,Ltd. All Rights Reserved.