いわき まち・メディア

いわきのフリーマガジン
まち・メディア
毎月15日発行
12000部発行
A5版 2冊1組
約500ケ所無料配布
■BANNER LINK FREE
まちメディア
Search
まちメディア サイト検索

サイト内  
Google
 2010年3月号 ここ、いいね。
■この内容は2010年3月号に掲載された情報です。
Zitti
丹念な手作業から生まれる『一生もの』
泉玉露の住宅街の中にひっそりと佇むzittiは、オリジナルの皮革製品の販売やオーダーメイド、鞄の修理などに対応してくれます。
 店主で革職人の大橋彌一郎さんが「手縫いが基本です。小まめに手入れすれば、一生使えます」というオリジナルの製品は、縫い糸や型づくり、革選びから縫製まで、丹念な手作業から生まれます。使い込むほど味が出る皮革の風合いと、手縫いの温かさや丈夫さ。大橋さんの確かな技と感性が活かされています。
命を守る登山靴との出会い
 大橋さんは、大学時代から数年間、東京都文京区にある登山靴のブランド『goro』で靴づくりの仕事をしていました。冒険家植村直己さんが、エベレストに挑戦した時の登山靴を手掛けた一員でもあります。
 「登山は命がけです。命がかかっている靴を作れることは、素晴らしいことだと思いました」登山者の生死を分けるとも言われる登山靴づくりを経験し、皮革の耐久性やものづくりの魅力を知りました。
 確かな技術を学んだ大橋さんは、その後、故郷のいわきに帰り、木工やトラックの運転手など様々な仕事を経て、26
年前にZittiをオープンしました。
様々な依頼に応える頼れるお店
 店内には皮革のオリジナル製品の他、輸入雑貨や陶器、骨董品などが所狭しと並び、古いものや珍しいものが好きな人の好奇心を掻き立てるおもしろいものが溢れています。
 鞄の修理は、豊富な知識と丁寧な仕事で、大切なものも安心して任せることができると評判です。革が傷んだり、内張りが剥がれたもの、持ち手やファスナーが壊れたものなど、どんなものでも見違えるようにキレイに直してくれます。
 「入って、見て、買うだけのお店じゃないんです。お茶を飲んで話をしながら、いろんなことを発見して行くお店です」という大橋さん。傘や金庫、椅子の修理など、様々なお客さんの依頼に応えています。『ものづくり』の技の可能性が大きく広がる、力強くて頼れるお店です。 泉玉露の住宅街の中にひっそりと佇むzittiは、オリジナルの皮革製品の販売やオーダーメイド、鞄の修理などに対応してくれます。
 店主で革職人の大橋彌一郎さんが「手縫いが基本です。小まめに手入れすれば、一生使えます」というオリジナルの製品は、縫い糸や型づくり、革選びから縫製まで、丹念な手作業から生まれます。使い込むほど味が出る皮革の風合いと、手縫いの温かさや丈夫さ。大橋さんの確かな技と感性が活かされています。
menu
data
いわき市泉玉露2-2-2
0246-96-6989
11:00〜19:00
定休日 水
google map
ホームページへ
ページ先頭へ
Copyright (C) 2004 Networks Co,Ltd. All Rights Reserved.