いわき まち・メディア

いわきのフリーマガジン
まち・メディア
毎月15日発行
12000部発行
A5版 2冊1組
約500ケ所無料配布
■BANNER LINK FREE
まちメディア
Search
まちメディア サイト検索

サイト内  
Google
 2009年7月号 ここ、いいね。
■この内容は2009年7月号に掲載された情報です。
PUDDING アリス
愛情込めて誠実に、プリンを作り続けたい
始まりは14年前の小さなお店から

 「お店を持って初めてわかったんです。みんなプリンが好きなんだと」オーナーの矢野さんが、ぽつりと話してくれました。
 アリスの始まりは14年前。一人の主婦が自宅の台所でお菓子を作り、自宅の一室に開いた小さなお店です。「プリンはことのほか大好きなお菓子。お店を始めるとき、プリン以外は考えられなかった」と矢野さん。だからプリンはアリスにとって、たいせつに作り続けたい特別なお菓子です。
 卵と牛乳と砂糖で作るカスタードプリンは、口当たりが良くしっかりしていて、昔懐かしい味がします。作り方は「卵を割って砂糖を加え、温めた牛乳を混ぜるだけ」。一見、簡単そうですが「材料を混ぜるタイミングや手の動き、道具の持ち方でも味が違ってくるし、作る人の気持ちでも味が変わる。少しでも雑にしたら別の味に」と矢野さんは話してくれました。

バケツプリンの誕生です

 赤いさくらんぼがちょんと乗り、手のひらに乗る「たまごプリン」がアリスの定番です。いつか大きいプリンを作りたいと願い、作ったのが1リットルの大きいプリン。蒸し器で長時間加熱するため、使う容器は慎重に選ばなければなりません。これならと最初に選んだのが、パイレックスの取っての付いた計量カップ。品切れのため、次はガラスの大きなボウル。ところが送る時によく割れることがありました。そして4年前、アイスペールに換えて「バケツプリン」が誕生しました。手探りの中から生まれたバケツプリンは爆発的なヒットとなり、マスコミなどでも紹介される全国的な人気商品です。

作る思いはずっと変わらない

 今年になって、冷凍の「冷菓プリン」を新発売。手土産にというお客様の要望に応えたもので、冷凍できる技術を発見するのに4年かかっています。
 現在はお店が3店舗あり、スーパーマーケットなどでも販売し、全国への発送も行っています。たくさん作るようになった今も、「愛情込めて誠実に、プリンを作りたい」と矢野さんは考えています。
menu
たまごプリン160円
バケツプリン4,030円
冷菓プリン(6個箱入)1,600円
data
いわき市泉玉露5丁目12-2
0246-56-7818
8:00〜19:00
定休日 月/祝日営業
google map
ホームページへ
ページ先頭へ
Copyright (C) 2004 Networks Co,Ltd. All Rights Reserved.