いわき まち・メディア

いわきのフリーマガジン
まち・メディア
毎月15日発行
12000部発行
A5版 2冊1組
約500ケ所無料配布
■BANNER LINK FREE
まちメディア
Search
まちメディア サイト検索

サイト内  
Google
 2008年11月号 ここ、いいね。
■この内容は2008年11月号に掲載された情報です。
洋食屋飛知和
たくさんの人を笑顔にする、手作りの洋食屋さん
 ハンバーグやオムライス、ビーフシチュー、どれにしようか迷ってしまう約50種類の豊富なメニュー。運ばれて来た料理を目にすると、お客さんの顔は一気にほころびます。飛知和は、20年間変わらない味と雰囲気でたくさんの人に愛されている洋食屋さんです。
 飛知和は、植田町に洋食居酒屋としてオープンしたのが始まりでした。10年前、オーナーシェフの飛知和さんの長年の夢でもあった『洋食レストラン』として、現在の勿来町での営業がスタートしました。

洋食一筋、努力と思いを込めて

 高校卒業後「将来は自分で商売がしたい。手に職をつけよう」と考えた飛知和さん。料理の道に進むことを決めました。洋食、和食、中華、フレンチなど、様々なジャンルから洋食に決めたのは「初めての修業先で見た、長くて真っ白なコック帽に憧れて」という理由でしたが、それから40年、洋食一筋。若い時に決めた思いに、運命を感じずにはいられません。
 「やっぱり根本にあるのは日本人の味覚や心」と、隠し味に日本の調味料を使ったり、温もりある益子焼きの器に盛り付けるなど、気軽に楽しめる洋食に様々な工夫をしています。「子供がいるテーブルには、料理が遅くならないようにしたり、いつもお客さんのことを把握していたい」と、傍らホールにも目を配ります。
 「長年やっていても、これでいいと思ったことはない」と飛知和さん。お客さんが気持ちよく食事ができる裏にはたくさんの努力や思いが隠されていました。

「変わらない味と雰囲気」が長年息づいている理由

 「遠くから来てくれたり、おいしかったと言われると本当に嬉しいね。」お客さんのその一言のために、手間を惜しまず手作りの味を大切にしてきました。「きっとこのまま変わらない」と、飛知和さんは言います。おいしさを追求する姿勢や、飛知和ならではの洋食屋のスタイルを貫いてきた努力があってこそ息づいている『変わらない味と雰囲気』です。
menu
ランチ¥998〜※ハンバーグやカツレツなどの日替わり
data
いわき市勿来町四沢清水19
0246-65-0278
11:00〜14:30/17:00〜21:00
定休日 木
google map
ページ先頭へ
Copyright (C) 2004 Networks Co,Ltd. All Rights Reserved.