201605life
6/20

6●いわき市鹿島町鹿島1番地●TEL.0246-29-5888●水曜日定休http://maruhide-suisan.co.jp/●作り方① アサリは砂をはかせておき、キャベツは洗って適当な   大きさにちぎる。② ソーセージは5㎜位幅で斜めにスライス。③ 大きめの耐熱皿にキャベツ、ソーセージを重ね、その  上にアサリを置いて、白ワインを回しかけ、バターを散  らす。④ ③にふんわりとラップをかけ、レンジで加熱する。  (700Wで6~7分位)⑤ アサリの口が開いたら軽く混ぜて出来上がり。代表取締役 森田 裕いわき市中央卸売市場 丸秀水産株式会社材料をお皿にセットしたら、あとはレンジにおまかせ!あっという間に今夜の一品が出来上がります。アサリからの旨味と塩気で、調味料もほとんどいらない簡単レシピ。レンジで調理したとは思えない、身がふっくらしたアサリと、旨みを吸った柔らかい春キャベツ、スープまで美味しく味わえます。ソーセージのピンクの春らしい彩りも、とってもキレイです。アサリとキャベツのレンジ蒸しお皿に乗せてあっという間に調理!・アサリ…………200g・キャベツ……3~4枚・ソーセージ……1/2本・白ワイン(日本酒) ………………大さじ1・バター…………10g●材料(2人分)ポイント●アサリの口が開いたら、あまり加熱しないこと。●味付けは不要ですが、好みで塩を足してください。浅蜊(アサリ)の雑学http://maruhide-suisan.co.jp/ 今年もアサリの美味しい時期がやって来ました。4月から8月がアサリの旬なのです。潮干狩りはゴールデンウィークの風物詩となっていますよね。そこで今回は、知っているようで意外に知らない「アサリの砂抜」について書いてみたいと思います。●アサリは全部水につからない方が良く砂を吐き出します。●網付のバットは100円ショップなどのもので充分です。●新聞紙は周りを濡らさないためと、暗くするために必要です。●アサリは真水に弱いので、調理する前にも真水で洗うと汚れもとれ、殺菌にもなります。●すぐに食べずに保管する場合は、塩水から出して冷蔵庫で保管して下さい。(3日が限界です)これであなたも砂抜き名人!アサリの砂抜き方法1.容器は網かごと2重になったバットを使用するのがベス トです。(吐いた砂を吸い込まないようにするためです。)2.水1ℓに対して、塩30gの塩水を作ります。3.アサリを真水で軽く洗って、汚れを落とします。4.アサリが顔半分くらい出るように塩水の量を調節しな がらバットに入れ、新聞紙をかぶせます。5.スーパーで買ったものなら2時間ぐら い潮干狩りで獲ったものでしたら4時 間ぐらい置いておきましょう。ポイント

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です