201604book-back
14/16

14 カンタンに手に入るから確かに便利かも知れないけど、実は多くのものを失っている。 それも、ヒトが生命体の一つとしてあり続けるためのとてもとても大切なものを。  僕たちは、この世に生を受けた瞬間から、テロメアという回数券を使いながら生きている。 成長するというのは、出来なかったことが出来るようになり上達していくプロセスであり、それが大きな時間の流れの中で、次第に出来たことが出来なくなっていく。 僕たちの世界は、常にどうしようもなくリアルであって、仮想現実ではない。 僕たちの行き着く先には冥界が必ず待っているという、抗いようのない現実を認めた上で今日という一日を生きていく、そうありたい。 僕たちの、リアルなこの世界は、そんなにカンタンではない。 カンタンに手に入るものほど、カンタンに失われ、遂には総てを失うのではなかろうか。 新しい路、新しい舞台へ踏み出すとき、それぞれの現実がそこにある。 バーチャル・リアリティは、どこまでいっても「仮想」現実なのであって、リアルではない。 忘れるな、バーチャルリアルはそこにはない。 つまり全てをこじ開けるあなたのその手、それこそが現実なのだ。時間と空間の旅vol.37有限会社 いわき損害保険サービス〒971-8101 いわき市小名浜上明神町19 清水屋レジデンスB-102TEL.0246-53-6111 FAX.0246-73-0225

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です