201603book-back
4/20

4福島県いわき農林事務所mail kikaku.af07@pref.fukushima.lg.jp http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36270a/いわき市平字梅本15番地(福島県いわき合同庁舎3F)TEL.0246-24-6197 FAX.0246-24-6196いわき農林事務所⬅「おいしさ発見!」は2005年1月にスタートしました。いわきの農産物や魚を紹介しながら、食と農がもっとつながることを願って情報発信しています。福島県いわき農林事務所・(株)平果・丸秀水産(株)・Kitao・大雅・プディングアリス・小房さんに協力をいただき、(有)ネットワークスが編集しています。検索 いわき農林事務所では、市内のケーキ店等と協力し、いわき地域の豊かな農林水産資源を活用した6次化商品の開発を行っています。  今回は、内郷にある「お菓子工房     ルポ」で開発した「イチジクタルト」と「イチジクパウンドケーキ」をご紹介します。原材料には、乾燥させたいわき市産イチジクのチップを使用しています。イチジクは収穫時期が短く、通年流通が難しいことから、乾燥チップに加工したものを使っています。 「お菓子工房ルポ」の馬目社長は、「地元で採れたものでお菓子をつくり、地域活性化に貢献したい」との思いから、県の事業に参加することを決め、何度も試作を重ねながら6次化商品の開発に取り組まれました。 商品づくりは、「素材が持つ美味しさを最大限に引き出すこと」であり、使用するイチジクの乾燥チップを柔らかく戻し、その際に染み出るエキスを生地に練り込むことにより、イチジク本来の持つ香りや独特の風味、味を引き出すことに成功しました。 どちらの商品も、イチジクのプチプチとした食感が楽しめ、「生のイチジクが苦手な方にも、お菓子を通して美味しさを感じてほしい」との思いが詰まっていますので、ぜひご賞味ください。地域産業6次化の取組により誕生したスイーツをご紹介 します!【本店】・いわき市内郷御台境町六反田53-25 faaビル・TEL.0246-26-0500・営業時間10:00~19:00(無休)【ラトブ店】・LATOV1階・TEL:0246-21-8223 ※原材料の入手状況により商品展示が異なる ことがありますので、お買い求めの際は、事 前に上記店舗までお問い合わせください。お菓子工房 ルポイチジクパウンドケーキ173円(税抜価格)イチジクタルト450円(税抜価格)「いい野菜を作るのが楽しみ。農業がとにかく好きなんです」という星進さんは、長男ではないのに農家を継いだ二代目です。会社勤めをしていた時から農業を行っていて、農作業をすると仕事の疲れも取れたと言います。定年後はさらに本腰を入れ、親戚の畑まで借りて、楽しく意欲的に野菜を育てています。情報提供/JAいわき市 新鮮やさい館 谷川瀬店いわき市平谷川瀬字泉町64☎0246-25-2207●9:30~17:00●水曜日定休ブロッコリー生産者を訪ねました!生産者を訪ねました!季節のおいしさ発見!  vol.113いわき市錦町江栗馬場16 ☎0246-63-4642 農業が好きだから苦にならない 星さんは、昨年10月にオープンした『いがっぺ』でブロッコリーを販売しています。そのおいしさは評判が高く、リピーターの多い人気商品です。 ギュッと身が締まってずしりと重く、包丁を入れると切り口の瑞々しさに驚かされます。茹でると一瞬に鮮やかな緑色になり、甘くて柔らかく、野菜のおいしさを再発見することができます。おいしい野菜作りの基本は土作り 星さんの野菜作りのこだわりの一つが、生命力ある土壌作りです。米ヌカと糖蜜、微生物の働きで作る『EM菌』という肥料を使い、病気や虫に強い土を作っています。「何年やっても反省の繰り返し。手をかけた分いいものができて、成長を見るのが楽しみ」と笑顔で話してくれました。 冬はブロッコリーとネギ、夏はとうもろこしを栽培。星さんの野菜はどれを食べてもおいしいです。星 進さん

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です