201603book-back
3/20

3●いわき市平馬目中道112●TEL.090-3752-0174■料理教室第3、4週の火曜日~土曜日10時から開催遠藤ふさ江料理教室小房SABOUひじき団子・ 乾燥ひじき………10g・ レンコン …………50g・ 小松菜 ………… 40g・ 白玉粉 …………100g・ 白ゴマ(半摺り)…大2・ 砂糖 ……………大1・ 塩 …………ひとつまみ・ オリーブオイル…少々・ きな粉、黒蜜、餡…好みで●材料ひじきを使った和のスイーツひじきを使った料理で浮かぶのは、「ひじきの煮物」ではないでしょうか。健康や美容に優れた栄養があるのに、バリエーションがあまりない地味な存在です。そこで今回は、ひじきを団子にしておいしい和のスイーツを作ってみました。材料を見ただけでは何ができるか想像できない「びっくりポン!」のレシピです。ひじきと野菜とゴマは、栄養的に黄金の組み合わせ。野菜嫌いのお子さんにもぜひ作ってあげたいですね!●作り方① ひじきはお湯で戻し、レンコンは皮のままざっくり切って  10分位水にさらす。小松菜もざっくり切る。② フードプロセッサーに の材料を全部入れてスイッチ  ON。全体をまんべんなく攪拌したらバットに移す。③ ②をこねてひとまとめにし、2等分して棒状にする。   1.5㎝位にカットし、手で丸めて真ん中をつまんで少し  窪ませる。④ 沸騰したお湯に入れて茹で、浮かんだら引き上げて、氷  水で冷やしてザルに上げる。⑤ バットに移し、くっつかないよう  オリーブオイルをかける。⑥ 器に盛ってきな粉や黒蜜をかけたり、串に刺して餡を乗  せてお楽しみください。aaびっくりポン!ひじき団子味噌汁やお鍋にも!味噌汁やお鍋にも!栄養たっぷりのひじき団子は、スイーツだけでなく、味噌汁やお鍋に入れてもGOOD!タッパーに入れ2~3日はOK。固い時はフライパンで焼いてどうぞ。食物繊維はごぼうの約7倍!ひじきの雑学 ひじきのカルシウムは牛乳の約14倍もあります。すごいですね!ただし、ひじきをそのまま食べるより、ビタミンDと合わせて摂ると効率的にカルシウムを吸収することができます。そこで一緒に食べてほしいのが、ビタミンDが非常に豊富な干し椎茸です。食物繊維も多く含んでいるので、ひじきと一緒なら便秘はもう怖くないですね。●鉄分はタンパク質と一緒に! ひじきには鉄分も豊富に含まれています。鉄分は貧血には欠かせない栄養素ですが、ビタミンCやタンパク質と一緒に獲ると吸収率がアップすると言われています。ビタミンCが多い食品はピーマンとレモン、タンパク質を多く含む食材は高野豆腐です。●結論!ひじきと一緒に干し椎茸、高野豆腐、ピーマンにレモンを加えた煮物は、栄養満点で健康に一番と言うことです。今夜はひじきを食べて元気いっぱいですね!http://maruhide-suisan.co.jp/ 日本人が好きな食品の一つに、海藻があります。欧米では食べる習慣はあまり無く、周囲を海に囲まれた日本人の特徴と言えます。今回は海藻の一つ「ひじきの栄養」についての雑学をお話しましょう。 ひじきには食物繊維や鉄分、カルシウムがとても豊富に含まれています。その食物繊維の量はなんと!ごぼうの約7倍とされ、水溶性の食物繊維なのが特徴です。水溶性の食物繊維は便通を良くするだけでなく、便を柔らかくしてくれ、特に便秘で詰まったように感じるときに摂ると効果的です。カルシウムは牛乳の約14倍!

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です