デジ2016
4/20

4福島県いわき農林事務所mail kikaku.af07@pref.fukushima.lg.jp http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36270a/いわき市平字梅本15番地(福島県いわき合同庁舎3F)TEL.0246-24-6197 FAX.0246-24-6196検索いわき農林事務所⬅「おいしさ発見!」は2005年1月にスタートしました。いわきの農産物や魚を紹介しながら、食と農がもっとつながることを願って情報発信しています。福島県いわき農林事務所・(株)平果・丸秀水産(株)・Kitao・大雅・プディングアリス・小房さんに協力をいただき、(有)ネットワークスが編集しています。今が旬の果実『ユズ』をご紹介します!  ユズはミカン科の常緑樹の果実で、柑橘類の中では耐寒性が高いため、東北地方でも栽培が行われています。 福島県におけるユズの主要産地は、矢祭町や福島市、塙町があり、町の特産品にしようとする取組も行われています。いわき市では、渡辺町で多く栽培されていますが、市内全域で農家の庭先や畑の一角等で育てられています。 8~9月になると緑色のユズが出回り、10~12月には成熟が進み黄色のユズが収穫されます。 また、いわき市産のユズは、平成27年1月29日に国の出荷制限が解除されており、直売所等に並んでいます。ユズの栽培状況●寒い季節の救世主 ユズは、カリウムやビタミンC等のほか、クエン酸が含まれているため、疲労回復や風邪予防によいとされています。 また、お風呂に入れてユズ湯にすると体が温まる効果もあるため、寒い冬は、ユズ湯につかって元気に過ごしましょう!情報提供/JAいわき市 新鮮やさい館 谷川瀬店いわき市平谷川瀬字泉町64☎0246-25-2207●9:30~17:00●水曜日定休丹野さんご夫婦がまちメディアに登場していただくのは、今回で2回目です。前回は昨年8月に「とうもろこし」で紹介させていただきました。丹野さんが作る野菜はどれも質が高く新鮮で、直売所では消費者から高い信頼と人気を得ています。人 参生産者を訪ねました!生産者を訪ねました!季節のおいしさ発見!  vol.109丹野 巌(いわお)さん 義子(よしこ)さんいわき市四倉町大森字民野町37 ☎0246-34-3892丹野さんの畑にお邪魔したのは11月で、8月上旬に種を蒔いた人参が収穫を迎え始めていました。ていねいに手入れされた畑には、青々とした美しい人参の葉が広がっていて、普段は食べない人参の葉さえとてもおいしそうに見えました。 丹野さんは野菜を作り始めて4年です。「失敗はたくさんある」と、野菜作りでは初心者に見えますが、実は55年のキャリアを持つベテラン酪農家でした。「牛乳はそのまま口にするため、厳しい品質管理が求められます。いいものを作って消費者に届けるのは同じ」「良くできると嬉しいし、お客さんに喜んでもらうのが一番」と、ご夫婦は口を揃えます。酪農を通して鍛えた品質への責任感と、消費者に誠実に向き合って労を惜しまない姿勢が、信頼される野菜作りの原点になっています。 消費者に好まれる品種選びも熱心で、人参は「恋心」「陽州」という品種を栽培。他にこの季節は、白菜、里芋、ほうれん草なども作って販売しています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です