201510bookback
3/20

3・しめじ…………1/3袋・まいたけ…1/3パック・エリンギ……………1本・マッシュルーム……4個※きのこの種類はレシピ 用なので、お好みのもの でもOK。・バター…………大さじ1・チキンブイヨン…200cc・玉ねぎ……………1/4個・塩・コショウ………適量・牛乳…………100cc・生クリーム………75cc・パセリ(飾り用)……適量●材料(2人分)●作り方① 玉ねぎ、マッシュルームは薄くスライスして、他のき  のこは適度な大きさに手でさいて、ほぐしておく。  (※鮮度の良いマッシュルームは生でも食べられる  ので、飾り用に3枚ほど取っておく)② 熱したフライパンにバター、①の玉ねぎのスライス  を入れ、トロッと甘みがでるまで弱火で炒める。塩を  加え、①のキノコ類を加えてさらに炒める。③ ②のキノコがしんなりしてきたら、チキンブイヨンを  加えて煮込む。④ ③を氷水で冷やして粗熱を取り、ミキシングする。⑤ ④を鍋に移し、牛乳、生クリーム、塩、コショウを加え、  味を整える。①の飾り用のマッシュルームとパセリ、  できれば、泡立てた生クリームを盛りつけて完成。KitaoOwner 北尾 博水●いわき市平堂根町1-1 (根守ビル2F)●TEL.0246-21-0575●10:00~15:00 17:00~20:00●水曜日定休涼しい風が吹き始めたら、あたたかいものが恋しくなります。今回は、きのこの旨味がたっぷりの秋の香り漂うポタージュスープです。しめじ、まいたけ、エリンギ、マッシュルームの4種類のきのこをしっかりソテーし、きのこのコクと、風味豊かな味わいを引き出しました。なめらかでほっと心和むやさしい美味しさ。口いっぱいに、秋を感じてみてはいかがですか。きのこのポタージュ口いっぱいに秋を感じるやさしい味使いやすさから消費者に受け入れられ、ぶなしめじの生産量は伸びています。平成25年の生産量は約117,400トンです。●主な産地/福岡、長野、新潟まいたけは菌床による栽培法が確立されてから生産量が伸びました。平成25年の生産量は45,400トン。新潟県が全国シェアの6割を占めています。●主な産地/福岡、新潟、静岡癖がなく歯ごたえが良いエリンギは、和洋中どの料理にも合うことから生産量が飛躍的に伸びています。平成25年の生産量は40,200トンで、年々増加傾向にあります。●主な産地/広島、長野、新潟いわき中央卸売市場株式会社平果いわき市鹿島町鹿島1番地 TEL.0246-29-6211(代)http://www.heika.co.jp情報提供市況情報&野菜の話きのこ類いよいよ秋本番を迎え、きのこ類がさらに美味しくなってきます。現在は栽培物が主流となって安定供給され、価格は若干の上下落はあるもののほぼ安定しています。生しいたけは森林内で行なう原木栽培が主流でした。しかし現在は扱いやすい菌床栽培が急速に普及し、今では菌床栽培が全体の生産量の約90%を占めています。●主な産地/徳島、岩手、北海道かつては森林内での原木栽培でしたが、現在は空調施設を利用した菌床栽培がほとんどです。平成25年の生産量は約23,000トンで、やや減少しています。●主な産地/新潟、長野、山形えのきだけの平成25年の生産量は約133,500トン。きのこ類の中で最も生産量が多くなっています。●主な産地/福岡、長野、新潟生しいたけなめこえのきだけぶなしめじまいたけエリンギ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です