201510bookback
2/20

2今回ご紹介するのは、ピリ辛の四川料理の代表の一つです。おいしさの決め手はイカを花切りし、下ゆでして揚げること。とても柔らかで甘みのあるおいしいイカに仕上がります。「花切り」は、花が咲いたように見た目が美しい飾り切りの一つです。この機会に、プロの包丁使いに挑戦してみましょう!…………………………プロが作るときはイカのゲソは使いませんが、家庭で作るときは全部使ってもOKです。 宮保魷花(ゴンパオイゥファ)●いわき市佐糠町1-9-4●TEL.0246-62-5005●11:00~15:00 16:30~20:15●火曜日定休オーナーシェフ小國 政信純中国料理 大雅たいが●材料レシピ提供・イカ ………………2杯・片栗粉……………少々・ネギ………………1本・カシューナッツ……200g・赤唐辛子…………2本・合わせ調味料……200cc位 醤油、紹興酒、又は日本酒 砂糖、 酢、スープ・水溶き片栗粉……少々●作り方① 合わせ調味料の材料を好みの味に整え、刻んだ赤唐辛  子と水溶き片栗粉を混ぜておく。② イカを花切りにする。イカの皮をむいて開き、縦半分に  切る。包丁を斜め45度に傾けながら5ミリ間隔に切り  目を入れ、同じように包丁を傾けて格子状に切り目を  入れる。③ ②をサッとお湯に通し(ゆで過ぎない)、すぐに水で  冷まして水分を取る。④ ③に片栗粉をまぶす。花切りの切れ目にもていねいに  片栗粉をまぶす。⑤ フライパンに揚げ油を熱し、イカをサッと揚げる。(色が  付かない程度に手早く揚げる)⑥ フライパンに油少々を入れて熱し、2㎝位の斜め切りに  したネギとカシューナッツを手早く炒める。⑦ フライパンに⑤と⑥を戻し、合わせ調味料を加えて味  を整え、手早く仕上げて完成。イカとカシューナッツのピリ辛炒め日本人はイカが大好きで、世界で一番食べています。世界で毎年330万トン収穫されていますが、その約1/3近くを消費しているそうです。3匹のうち1匹は日本人が食べている計算ですね。「猫にイカをあげると腰を抜かす」聞いたことがありますよね。これはイカに含まれる「チアミナーゼ」のせいです。でもこのチアミナーゼ、熱には滅法弱いので、ちゃんと加熱すれば猫にあげても大丈夫です。イカは多くの栄養素を持つ優れた食材ですが、昔はコレステロールが多いと問題視されました。しかし最近はコレステロールを下げるタウリンを豊富に含むことが分かっています。コレステロールを抑制し、肝臓にも良く、貧血改善にも役立つと注目されています。「イカの足は10本」と一般的に知られていますが、実は足ではなくすべて腕なのです。実際の腕は8本で、残りの腕2本は他より長く「触腕」といいます。ちなみに、背中から順に第一腕、第二腕、第三腕、・・・と数えます。イカを漢字で書くと「烏賊」。「鳥」ではなく「烏」なのです。これは中国の伝説に由来していて、イカが水面にぷかぷか浮いていたところ、カラスが死んでいるものと思って飛びついたら、逆に10本の腕で捕食されてしまったという話から来ているのです。「賊」とはカラスの「天敵」と言う意味なのです。http://maruhide-suisan.co.jp/イカの雑学雑学1雑学1雑学3雑学4雑学2雑学2雑学3雑学4…………………………………………………………………………………………雑学5雑学5……………………………………

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です