2015
12/20

12情報提供/JAいわき市 新鮮やさい館 谷川瀬店いわき市平谷川瀬字泉町64☎0246-25-2207●9:30~17:00●水曜日定休赤津 孝子さん いわき市錦町中迎3-6-14☎0246-63-4809大津 テルヨさん いわき市錦町中迎3-7-5☎0246-63-4808キャベツは一年中販売されている野菜ですが、4~5月にかけて店頭に並ぶ春キャベツは特別です。柔らかくて中まできれいな黄緑色、水分が多くて甘みがあり、生で食べたら最高のおいしさです。赤津さんと大津さんは、みずみずしい春キャベツを、新鮮やさい館勿来店で販売しています。春キャベツ生産者を訪ねました!生産者を訪ねました!季節のおいしさ発見!  vol.102以前もこのコーナーで紹介し、今回は『春キャベツ』で再登場していただいた赤津さんと大津さん。野菜作りの話しになると止まらないお二人は、新鮮やさい館の立ち上げの時から参加しているベテラン農家です。赤津さんにとって大津さんは野菜作りの大先輩。「大津さんががんばっているから私もがんばる」と言う赤津さんの運転で、採れたての新鮮な野菜をやさい館に運んでいます。無農薬で春キャベツを栽培 春キャベツは9月に種を蒔き、11月半ばに定植して寒い季節に育てます。しっかり土を作って元気な根を張らせ、寒い季節に育てるため虫が付きません。お二人は、農薬を使わないで栽培しています。 赤津さんと大津さんが育てた春キャベツは、5月いっぱい位まで収穫できるそうです。この季節だけのおいしさを、安心してたくさんお召し上がりください。 福島県いわき農林事務所mail kikaku.af07@pref.fukushima.lg.jp http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36270a/いわき市平字梅本15番地(福島県いわき合同庁舎3F)TEL.0246-24-6197 FAX.0246-24-6196検索いわき農林事務所⬅「おいしさ発見!」は2005年1月にスタートしました。いわきの農産物や魚を紹介しながら、食と農がもっとつながることを願って情報発信しています。福島県いわき農林事務所・(株)平果・丸秀水産(株)・Kitao・大雅・プディングアリス・小房さんに協力をいただき、(有)ネットワークスが編集しています。今が旬の野菜ブロッコリーご紹介します!ご紹介します! ブロッコリーの原産地は、地中海周辺地域であり、明治時代にヨーロッパから日本に伝わりました。1970年以降、食卓でよく食べられるようになった緑黄色野菜で、カルシウム、鉄分、カロテン、ビタミンCを豊富に含む非常に栄養価の高い野菜です。 春のブロッコリーは、県内では一部地域で栽培されており、1~2月頃に種まきされたものが、5~6月頃に収穫されています。 ブロッコリーの食用部分は、花のつぼみと茎ですが、茎は栄養があるにもかかわらず、茎の固さや皮が食べにくいといった理由で避けられがちです。茎の調理方法としては、茎の皮をむいて薄い緑色になったものを玉ねぎや桜えびと合わせてかき揚げにすると、甘味が増しておいしく食べられるのでおすすめです。 ぜひ直売所をのぞいて、いわき市産の瑞々しく柔らかい春のブロッコリーをご賞味ください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です